どのようにローマのカーテンを掛ける:どのように窓に "リム"を修正する

どのようにローマのカーテンを掛ける:どのように窓に “リム”を修正する

どのようにローマのカーテンを掛ける:どのように窓に "リム"を修正する

キッチンのローマのカーテンは美しく元気に見えます。古代ローマ時代から保存されたデザインは、当時の人気を失わない。以前は、ロマーニズムとシンプルさが必要なミニマルスタイルのスタイルで、ローマのカーテンがインテリアでしか見られませんでした。しかし今やローマンカーテンの色やテクスチャの多様性は非常に優れており、どのインテリアにも使用できます。キッチン・ウィンドウ用にこのような製品を購入した場合は、ローマのカーテンを軒先に固定する方法を知っておくと便利です。この作業により、マスターを招くことなく独立して管理することが可能です。

貴族のシンプルさのためにローマのブラインドを好む多くの人々

ローマのカーテンの絶妙なシンプルさが彼らに愛と認知をもたらしました

ローマのカーテンはキャンバスで、その幅はリングの等間隔で間違った側にあります。彼らはコードなので、カーテンを持ち上げると平らな横のひだ(アコーディオンのような)が横たわっています。

どのように窓にローマのカーテンを固定する

ローマのカーテンとカーテンの組み合わせは、従来のコーニスに掛けることができます

通常のコニシールでは、ローマのカーテンをつけるだけでなく、カーテンと組み合わせることもできます

ローマ字のブラインドは、窓の開口部の外観を改善し、その欠点を隠す。彼らは日光から保護し、さらに部屋の照明レベルを調整することができます。

キッチンでは、ローマンカーテンを単独で使用することも、カーテンと組み合わせることもできます。

固定する方法はいくつかあります。最も便利で正しい方法は、ローマのカーテンを特別な隅角に設置することです。あなたがサロンでそれらを注文すれば、彼はカーテンと一緒にあなたを連れて行きます。

ブラインドを自分で製作した場合は、カーテンのサイズに合わせて単にコニシピを注文するだけです。

コニシェは、アルミニウムプロファイルと、持ち上げ機構と、制御ユニットとからなる。制御は、電気駆動装置を用いて機械式でも遠隔式でもよい。

特別なレッジなしでローマのカーテンを吊る方法

あなたが特別な娼婦を得ることができなかったら、これはあなたが台所にローマのカーテンを掛けることができないということを意味しません。巧みな人たちは、このために1つではなくいくつかの方法で発明しました。あなたは木製のカーテンロッドを作ってステープラーを使ってそれにカーテンをつけることができます。しかし、これはあまり実用的ではありません。第一に、このようなカーテンの外観は審美的ではありません。第二に、洗濯物を取り除きたい場合は、偶然ファブリックを引き裂くことがあります。

あなたが自分でローマのカーテンを縫った場合、それらを強化する方法は、おそらくあなたはそれを考え出しました。あなたは単にキャンバスを縫い合わせてコニシェに置くことができます。これはあまり便利ではありません。なぜなら、洗濯のために布を取り除くためには、コニカスを外す必要があるからです。別の方法は、縫製店から購入できるベルクロベルクロにカーテンを固定することです。どのような種類のコニシェにも接着するのは簡単です。ヴェルクロの一部はコニシェに固定され、2つ目はカーテン自体に固定されます。したがって、製品が掃除のために軒先から容易に取り外されるので、カーテンは、操作に非常に便利な隅角部に接合する。

1

コニシェがない場合、ローマのカーテンをインストールするには?それらは、ウィンドウのプロファイルに直接添付することも、ウィンドウ開口部の上にある壁に簡単に取り付けることもできます。

ローマのカーテンのためのコーニスの品種

しかし、特別なコーニスでのローマンカーテンの締め付けは、最もシンプルで、最も便利で美しい方法です。このタイプのカーテンには、ミニ、クラシック、スカスの3種類のカーテンシステムがあります。

最も便利なのはローマンカーテンのための特別なカーテンロッドです

また、ローマンカーテンのための特別なコーニスもあります - 最も便利で実用的な

初心者のマスターでも、コーニスを組み立てて固定する詳細な計画では、

ローマンカーテン用の軒先を組み立てて固定する仕組みは簡単で分かりやすい

Cornice miniは小さなローマンカーテン用に設計されており、窓フレームに取り付けられています。このコーニスは、直接ローマのカーテンにのみ適しています。

クラシック・コニシエは、幅1.5m、長さ1.8mのローマンカーテン用に設計された標準的なシステムです。

スキー機構は、不規則な形状の窓や斜面を持つ窓用に設計されています。

ローマ字のブラインドにはいくつかの制御システムがあります。それらは、循環チェーンまたは慣性ばねによって制御することができる。

写真の事実におけるローマンカーテンの固定の変形

カーテンに留められて、ローマのカーテンは垂れず窓にぴったり合っています

棚にローマンカーテンを固定する - 信頼性が高く簡単な固定方法

ベルクロにローマンカーテンを固定することは、そのシンプルさのために非常に一般的です

ベルクロにローマンカーテンを固定するのが最も簡単で効果的な方法ですが、時間の経過とともにベルクロは重いカーテンを保持することができなくなります

美しいものは、カーテンだけでなく、それらの隅々まであります。

ローマ時代の嵐のためにコニシェを装飾することは、それを内装の重要なディテールに変えることが可能です

絶妙なこの窓は落ち着いた色と厳しい形のコニシェのためでした

拘束された色調と厳密な形態のコニシェとローマンカーテンが、この窓をとても洗練されてエレガントにしました

ローマのカーテンは天井に直接取り付けることができます

ローマのカーテンを天井に直接取り付けることができる設計機能のおかげで

場合によっては、棚板なしでローマンブラインドを固定することをお勧めします

ローマのカーテンは、窓に取り付けられ、棚は不要です

カーテンと組み合わせてフレームにローマのカーテンを固定することは非常に印象的です

元の方法はフレームにローマのカーテンを固定することです。これはカーテンと組み合わせて非常に印象的です

1
1 Звезда2 Звезды3 Звезды4 Звезды5 Звезд
Loading...
Like this post? Please share to your friends:
Leave a Reply

14 − 10 =

;-) :| :x :twisted: :smile: :shock: :sad: :roll: :razz: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :grin: :evil: :cry: :cool: :arrow: :???: :?: :!:

map